読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らを繋いだ願いも

なんで好きになっちゃったのか未だに分からないんだ



自分の気持ちを整理したくて書いた記事なので文も内容もめちゃくちゃです。

どこからかこの記事に辿り着いてしまった方、読まない方がいいです。それでも良ければよろしくどうぞ。









最近、同担他担自担拒否をしている。



正直自分でも何言ってんだと思うし、なんでこんな気持ちになっているのかよくわからない。整理がつかない。なのでこのブログを書こうと思う。


ただひとつ言えるのは重岡大毅という人間のことを自分が思っていた以上に好きになっていたということ。





私がこんな状態になったのは3月の中旬、私の入れる最後の公演であったなうぇすと静岡公演が終わってから。いや本当はもっと前。福井公演が始まった辺りかもしれない。


まず、Twitterで自分の入っていないコンサートのレポを見るのが辛くなった。「入れた人への嫉妬でしょ?」と言われたらそれまでかもしれない。

けれどこんなことは本当に初めてで、むしろラキセの頃まではレポを読み漁って重岡くんの可愛さ、面白さ、かっこよさを想像上で補って、それで充分幸せになれていた。好きを他人のレポで補充できていた。

しかし今はそれがただただ、比喩でもなんでもなく死んでしまいたくなるくらい辛いのだ。


なぜこんなに辛いのか。


きっと私は私の知らない重岡大毅を知っている人が嫌なんだと思った。

なんて傲慢で稚拙な考えなんだろうと自分で自分が嫌になる。でもそれは紛れもなく自分が感じていることで、自分の気持ちに嘘はつけない。

私は、私が、生で見て、聞いて、感じて、好きだと思った重岡くんしか受け入れられないのだと知った。


だから最近は自分の行けない現場がある度に、どんなに仲のいいオタク友達であってもその現場に行っていた旨のツイートを見ると殴りたくなるし、その人のアカウントをブロックしたくなる。だから私はTwitterを見るのを辞めた。全てのオタクを殺すか自分が死ぬかの2択になりそうだから。


そして重岡くんの出ているテレビ番組が見れなくなった。録画はしてあるがずっと見れないまま、何ヶ月も前から未視聴の文字が録画画面に溢れている。

新しい重岡くんを見るのが怖い、そう思ってしまう。この感情については今現在もよく分からないままだ。考えてみてもどうしてそう思うのか自分で自分の気持ちがよくわからない。謎の自担拒否は現在進行形である。


矛盾しているように聞こえるかもしれないが今週月曜日に少年収へ行った際は1ヶ月ぶりの重岡くんの姿にひたすら「好きだ」という感情しか生まれなかった。まだ知らない新しい重岡くんを見ることへの恐怖なんて微塵も感じなかった。謎すぎる。でも本当に、今日も重岡くんのことが全力で好きだな、としか思わなかった。



この諸々の醜い感情は重岡くんが好きという気持ちが全ての根っこになっていて、どうしようもないほどコントロールできなくて、馬鹿馬鹿しくてみっともなくてイタくて苦しい。



実は溺れるナイフもごめんね青春もSHOCKも重岡くんと女性が絡む作品はどれも目を通せないでいる。視界に入れたくないのだ。


これは「アイドル」という職業に身を置いてる人間の恋愛を、たとえ演技であっても見たくないという、私の持つアイドル像が凝り固まっているが故の「見たくない」かと思っていた。(それもそれで与えられた役柄として生きた重岡くんの俳優としての努力を否定することになる気がして後ろめたくはあった)


が。多分これも重岡くんが好きだからなんだと思う。自分に嘘をつこうと頑張ってここ1年程言い聞かせてきたけど無理だった。きっとずっとなりたくないと思っていた厄介なリア恋になってしまったんだ。


好きすぎて好きすぎて重岡くんのことを避けてしまう、こんなに面倒で重たいオタクになんて死んでもなりたくないと思っていたのになってしまったのである。

自担のドラマや映画等の大きな仕事。それを素直に喜べない、視聴率や動員数に貢献できない、最早番宣のために出演した番組、雑誌、公式Twitterアカウント、作品の感想を述べているTwitterユーザー等すべてをシャットアウトするしか自衛できない、そんなとてつもなく不名誉なオタクになってしまったのである。

重岡くんに土下座したい気持ちだけは山の如し。




重岡くんのことはちゃんとアイドルとして見てるし、ただの有象無象の1ファンとして応援している。でもどうしようもなく、独占したくなるくらい好きなのも本心なのだ。



いつかはこんな気持ちも落ち着いてまた友達と一緒に重岡くんのことを笑って話し合える日が来るのだろうか。

この気持ちがある限り私の時間は進まないし、誰とも好きを共有できずに、ズルズルと嫉妬と歪んだ好きを持ったファンとして静かに狂っていくんだろう。





重岡くん。こんな醜いファンがいてごめんね。大好きだよ。ごめんね。






なうぇすとメモ



私の中でのなうぇすとが千秋楽を迎えたので横アリから静岡エコパまでの公演で私が感じたことをツラツラ書いていこうと思う。

ちなみに私は人並みの感想しか言えないマンです。


⚠️セトリ等々ネタバレなのでまだツアー入ってない人は注意!



1.PARTY MANIACS


メンステの大画面が割れて神山くんの「ヘイヨッカンダンウィズミッ」が聞こえてきた時はびっくりしました。

24魂入った後だったからなのかなぜかコンサートの1曲目は重岡くんの「せーの!」から始まると思ってたし「ええじゃないかーー!!」って言う準備もしてたんですよね(笑)でもOP映像の時点でええじゃないかの雰囲気ではないと察知…(笑)

なのでone chanceから始まると思ってました。理由はアルバムのリード曲だったこととテンションもグンッと上がる曲だからです!

いやー裏切られました。かっこいい、腹立つくらい自軍かっこいい。

私自身ジャニーズWESTを知ってから俄然興味わくキッカケになった曲がパリマニだったりします。

ジャニーズWESTってこんなにかっこいい曲もあるの?!?!」ってやつです。

元々好きな曲だったのでまぁもうテンションぶち上がりました。

センステ周り縦花横にも入ったんですが目の前を駆け抜けていくジャニーズWEST、獅子のごとくかっこよかった。

獅子のごとくかっこいいのにいつも1人ニコニコしながら楽しそうに歌ってる重岡くん。

踊るの好きなのかな?いつもダンスナンバーのとき楽しそうに笑っていらっしゃる担当くん…すき……生き生きしてる…生命活動してる………



2.Unlimited


担当くんのパートから始まるひたすら爽やかで明るい曲。

これが本当に良くて!個人的に今回のツアーで3本の指に入るくらい好きです。

センステで円になって軽やかに歌うジャニーズWEST。コンサート会場に爽やかな風が吹き抜けます。

振りもまた曲に合ってるんですよね〜!手を大きく広げる振りが多くてなんて伸びやかなんだろうと思いました!!野外ライブしてんのかって思うくらい晴れ晴れとしたし頭の中の霧がサアーッと消えていくのを感じます。

曲の歌詞も「そう僕らは数え切れないほどの夢をバックグラウンドにより輝いていく」、「一緒に行こう」、「思いっきり夢に向かって」

とかひたすら前向きで聴く度に彼らを応援したい気持ちが募っていくんですよ。

それを2曲目に持ってこられると初っ端から好きが高まるのがわかるんですよね…なんだろうねこの感じ…

あとラキセでマルモウケ見た時から思ってたんですけど重岡くんって大きく手を振るのが最高に似合うアイドルじゃないですか?好きでーす!!



3.パリピポアンセム


3曲目はやっぱテンションぶち上がりますよね〜!!

個人的には流星くんとイヤホイ!イヤホイ!したのが一生モンの思い出すぎて生まれてきたことを感謝しました。イケメンが愚民とお戯れなさったぞ〜!!!(ありがとう流星く〜ん!!!)

この曲はひたすら楽しんでたので誰がどうだったとかはそんなにないんですけどリフター前に入ったときはいろんなファンサを見れて楽しかったです!これは前述の別日ですがリフターでも流星くんの投げちゅーをいただいて流星くんってすげえなって思いました!!まじで顔が国宝級のイケメンだ!!!!



4.King of chance


初見死ぬほど死んだ(?????)

まず重岡くんのラフでルーズでセクスィーなワイシャツ姿…これで登場してきた時点で脳がキャパオーバー。小(?)道具の鏡を見ながらちょいちょいっと前髪やマイクを直す姿…なんか5歳児が突然大人になってきたしめちゃくちゃかっっっこいいぞ……

あとこの曲で1番の見せ所は神山くんのトランペットですよね!ツアー本番1ヶ月前から練習始めたみたいで…いつでもどこでもパーッパッパパーッパッパ…って神山くんが練習してるのが聴こえてきたらしいですね(重岡くん談)!!個人的には1/4昼公演が1番上手だったように思います。

重岡くんが淳太くんの肩をトントンしにいく振りがありましたがその時の重岡くんの顔を見るのがいつも楽しみでした!大抵ニコニコしてるんですが悪戯っぽく笑ってたり、真剣な表情してたり…

「狙ってこうぜ」って歌っているところで手をシルエットでの淳太くん場面キリトリがちみたいな感じにするのがすごい好きです!!あれ何ポーズって言えばいいの?!

あとソファーに座りながら「24seven」って言ってるツインは完全に高級ホストクラブのツートップ。ドンペリ入りまーす!!!

最後に重岡くんのウィスパーボイスで「come on…come on…」って言ってるのズルい!パート割天才!最高だよ〜!!好き!!!



なんか長くなりそうなのでちょいと一旦終わろう。4曲で心が限界だ。オタクのキャパは狭い。





10年茶の間してたヲタクが約1ヶ月で一気に現場慣れした話



深夜のノリと勢いで最近流行りのはてブを始めたよ!

なぜ始めようと思ったかというと、ここ1ヶ月強で怒涛のコンサート期間があったので忘備録が欲しかったからです。




まず最初に10年茶の間の話をば。


私は約10年前、まだちびっこだった頃にYouTubeを見ていたらいつの間にか山田涼介くんが歌って踊ってる動画に行き着いてたんですね。


「なんだこれは?!?!!


という感じでもうめちゃくちゃな衝撃でした。

我が家は割とガチガチな教育の仕方だったので、幼少期には今思えばあまりにも健全すぎる内容のテレビ番組しか見ることは許されておらず、ゴールデンタイムは父が野球中継でテレビを独占していたので色々あって家庭環境が変わるまで『アイドル』なんていうキラキラしたものを見る機会が皆無だったんですね…

そんな『アイドル』の存在さえ知らなかった私の中に突如降臨なさったのが山田くんでした。

少クラの動画、昭和×平成、山田くん出演ドラマ等々を見るようになりいわゆる『ジャニヲタ』になっていったのです……



そしてジャニヲタになると必ず行きたくなるもの、そう。


コンサート!!!


当時学校に同担がいたんですけどある日その子に

「今度のコンサート、チケット余ってるけど行かない?」

と誘われました。

はじめてのコンサート!はじめての生の自担!行きたい!!!行きたいに決まってる!!!!

もう私の中ではコンサートを楽しんでいる自分を想像してうちわをどうしようかって辺りまで考え始めてました。すごい能天気。


まぁ家に帰って母に言うと即却下されたんですよね…

子供だけでコンサート、ガチガチ教育な親が許すわけがなかった……

でも中学生にコンサートチケットを払うほどの大金はないのでどうにか母を説得しようと泣き落としまでしてみましたがダメでした!!どんなに悔しかったか!!

目の前に夢のチケットがあるのに行けないとはこれ如何に!!!!


後日友達に泣く泣く行けないことを説明するとしばらく口聞いてくれませんでした!ド畜生め!!

同じヲタクなら慰めてくれよ!!!



この一件から

コンサート=私が行ってはいけない場所

という嫌〜〜な方程式が組みあがり、それはこれから数年間崩れることがありませんでした…若いうちにしかできないキャピキャピなヲタクしたかった……




この方程式が崩れ始めたのが嵐のデジタリアン。

母がチケットを当てたので母、姉、私の3人で行ってきました。

母が2011年?くらいにサラッと嵐のFCに入会してたんですね〜💢💢💢

因みにこの時もJUMPのFCに加入することは愚か友達とコンサートに行くことも許されていませんでした!!!畜生め!!!!!相も変わらずテレビの前が私の現場でした!!!!!!!


んでこのデジタリアンがすげ〜んだわ、初めて見る生のジャニーズのコンサート。演出がキラキラしゅいんしゅいんババババッって感じで正直嵐のメンバーよりも特殊効果ばっか見てました。東京ドームの特効すげ〜よ…………(そこじゃない)

とにかくこのときはコンサートって生とDVDとじゃ全然違う!!!って思いました。いやそりゃそうなんだけど。随分と気づくの遅かった。


デジタリアン楽しかったな〜コンサートってすごいな〜次に当たるの何年後かな〜とか思いつつその後何も現場がないままゆるゆると過ごして今から2年程前。

とある子と友達になりました。その子は関西担で、ジャニーズを追いかけて西へ東へ、とにかくよくコンサートに行っている子だった。

同じジャニヲタでも全然違うなぁと思ったわけです。そしてその子からはいろんなことを学んだ。


1番影響が大きかったのは、


ジャニーズWESTに出会えたこと




前述した通り関西担の友達は関ジャニ∞ジャニーズWEST、関西ジャニーズJrのDVDやら録画やらを大量に持っていた。

それをよく持ってきては見せてくれた。


最初はごくせんの人たちだーとか面白い人たちだなーくらいにしか思ってなかったけど気付けば今の担当さんに落ち着いていた。

山田くんは殿堂入りして神様化しているから担降りではないよ!!!


んで去年のラキセ当選。

年齢も年齢だったので親の許しを得た私はようやく、はじめての友達同士でコンサート連番という一大イベントに立ち向かうことに……

結果から言うとそれがもう楽しかった、めっっちゃくちゃに楽しかった。

行ったのは横アリ一公演のみだったけど、ひたすらハッピーでラッキーなコンサートだった。初めてファンサも貰った。


ここでコンサート=私の行ってはいけない場所という方程式が完全に崩壊。


それからは少年収、ワク学、DEAR.、サマステ、舞台等々いろんなジャニーズのいる現場に行くようになった。

しかし10年間山田くんの担当してきたくせに未だに現場経験レベルは1。ジャニヲタと名乗れないレベルかもしれない……


現場が決まる度に「会場どこ?!」「チケットの申し込みってこれで合ってる?!」「うちわってどうやって作んの?!」って初心者丸出し(笑)



そんな状態でなんやかんや過ぎて冬。

ここから怒涛の現場慣れが始まる。


ベスアとFNS番協当選。


いやいやハードル高いな!普通の現場よりハードル高いわ!怖い!

って言いながらも近いし楽しかった。

はじめての番協、振り練というものもこなしてヲタクスキル(こなした場数)が少し上がった。



半月後。

ジャニーズWEST京セラドーム2days!!



京セラ…?京セラってどこ……??

〜検索〜

えっ大阪……????


行きたい気持ち山の如しだったけど遠征(日帰りできない)っていうのが怖すぎて怖気付いた。いい歳こいて。

でもまぁ結局ヲタクの意地で行きました!!!!

初ドームだったし3公演とも入りましたが、もう家を出てから(というかホテルやら新幹線の予約段階から)帰ってくるまで気分は大冒険。完全にひとりでできるもん!でした。ホテルのひとり泊まりは寂しすぎた。

でも大阪一人旅は未知数すぎて軽く迷子になったりしたけど連番してくれた関西住みのお友達にだいぶ助けられました。ありがとう。

この大阪遠征3日間でだいぶ現場というものの雰囲気を掴んだ。予約やらヲタクならではのパッキングやらでヲタクスキルがだいぶ上がった。多分。


正直、新幹線の切符を新大阪駅の改札入ってから新幹線乗るまでの1分間で無くしたときは死のうと思った。いつかこの話は愚痴りたい(やめとけ)




帰宅して数日後。

カウコンとJUMPカウコン。


自担と迎えた2017。ハッピーだった。このカウコンで初ひとり現場を達成!またヲタクスキルが上がった音が聞こえた気がする!!ただ1つ言うとすれば、

年男に袴を着せろよ馬鹿野郎!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


JUMPカウコンではフォロワーさんの同行させてもらって寂しくなかった!東京ドームって広いなぁと痛感した。そして山田くんはやっぱり私の神様だった……神様を拝んだのでこれで私の初詣終了した。



んでその2日後から

1/3〜1/7 ジャニーズWESTツアーなうぇすと


横アリでやってた9公演は全部入りました!同行させて貰った1公演以外全部ひとりで!!ひとり!!!!

5日間毎日コンサート朝晩入ると流石に慣れる。

現場でおどおどキョロキョロすることも(多分)なくなった。(はず)

各公演の思い出とかまた書けたらいいなぁ〜!需要がないのは百も承知!!


考えられます?2年前までコンサート1回しか行ったことなかったド茶の間ジャニヲタ10年選手が!!

2016年11月末から2017年1月上旬までの!!1ヶ月強で!!番協含めて入った現場16公演!!!!パチパチパチ!!!!!


いや〜成長した。番協、ひとり現場、遠征、多ステ、もうやること全部10年分を取り戻すかのように!!!

といってもヲタクの世界は広い。まだまだ未知数で行ってない現場、行ってみたい現場がたくさんあるからこれからは今までの10年間を取り戻すべく積極的に現場に行きたい所存であります!!!!


現場に行くと人生が楽しくなるからもっと早いうちに親の言う事無視して行けばよかったかな…………